しゅんの記事

大学中退男を救うのはメンターだ

SOSしゅんすけ

どうも、おっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっっ久しぶりです!

6月中旬の仕事量が多すぎてブラック超えて漆黒の会社かと思っていたしゅんすけです。

ほんとに、ブログ書くの久しぶりすぎてばり楽しいです。

もう、あの頃には戻りたくない、、、、

さて、今回ブログに書いていこうと思うことは

大学中退男であるしゅんすけがSOSを出したことについてです。

それは、

もっと成長したい!!

なんやそれ。って思った人もいるかもしれんのじゃけど、

前回書いたブログでぼく言っちゃったんですよね。

しゅんすけ

社会人1年目である僕の成長は会社の成長に直結する。若手の成長が会社の底上げになる。

と。

興味ある人は『社会人一年目の人、聞いてくれ』を見てもらったらえんじゃけど。

まだまだ足りん。何もやっていない。

問題点が山積みで困ってました。

しゅんすけの抱える問題点


問題点ってのを書き出していくとですね、

  • 仕事を頑張ってると勘違いして満足していた
  • 成長&成功したいなら寝る時間や遊ぶ時間も惜しんで、仕事や勉強をやっていかないといけない。とは思ってる。。。。
  • それができない。モチベーションが続かない
  • 先輩から指導を受けたすぐにはやる気になるが、時間が経ったら忘れて弱い自分に戻っている

さすが大学中退男といったところでしょうか。

問題点まみれ。こんなんじゃから大学卒業できんのよ。

まあ、昔のことは忘れて今を頑張りましょう。

目の前を生きましょう。

走る男

もし、僕と同じ問題点を抱えている人がいたらこのまま読み続けてもらって、一緒に解決して成長しましょう!!

こんな問題自分にはない、もしくは僕のこと好きじゃないよっていう人は今からYouTubeでも見ていただければと思います。

成長したければメンターを見つけろ


成長するための答えはしゅんすけ的必読の名著である、

20代でしておきたい17のこと

に書いてました!!

今回は20でしておきたい17のこと第三弾になります。

この本に書かれていたのが、”メンターを探す”です。

メンターとは

助言者や指導者といった意味で、本書では”人生を導いてくれる先生”を意味する言葉といわれている。

しゅんすけ的に言うと師匠みたいなもん。

なぜ、メンターを探すべきなのか。

メンターがいれば成長できるかというと、失敗をしない為です。

人生は何事も成功すること、勝つことが大切です。

でも、僕は同じくらい失敗しないことや負けないことが大切だと思います。

人生に負けないためにメンターを探します。

メンターがいれば人生に負けない

なぜ、人生に負けないのか。

メンターというのは人生を導いてくれる存在で、メンターの人もあなたと同じような問題点をかつて抱えていてそれを乗り越えてきています。

その人からアドバイスや助言をもらえれば問題点にぶつかったときに、メンターが助けてくれます。

メンターが人生のサポートをしてくれるので、メンターがいれば人生に負けません。

今、メンターがいない人はすぐさま探してください。

注意点

メンターは答えを全て教えてくれません。

そして、答えをくれることを期待してはいけません。

メンターは僕たちに自分の足で答えを出さして、より成長できるように考えてくれているのです。

どんな人をメンターにするかが重要

メンターは、憧れる存在の人にしましょう。

僕は仕事ができるだけでなく、人間力があったり人間として魅力がある人をメンターにするべきだと思います。

例えば、バリバリ仕事ができても幸せそうじゃなかったり、人生は楽しくなさそうな人がいて、そんな人に将来なりたいですか。

仕事のスキルなどは盗みたいと思っても、人生が楽しいか楽しくないかでは楽しいほうがよくないですか。

だから、僕はこんな人になりたい&人として魅力的というポイントを見てメンターを探しました。

大学中退男のメンターざきさん


僕がどのようにしてメンターを見つけたのか。

僕は嫌なことから目を逸らせがちで、地味な仕事を頑張れなかったり、モチベーションが続かないことが問題点でした。

それが出来ている身近な人、

身近な人、、

憧れる存在、、、、、、

ザキさん!!

ザキさん

おった。

メンターにするべき人が。

ザキさんとは、Torus不動産の営業部長で努力の天才。

西崎さん。

西崎さんがどんな人か説明すると、、、

出勤は誰よりも早く来て、毎朝仕事の前に勉強や読書をしています。

そして、誰にでも敬語を使い年下の僕からも何かを学ぼうと常に考えています。

常にスキルアップをしようと考えていて本当に尊敬します。

昔のブログでも書いたことがあるんですが、ザキさんは地味な仕事やみんながやりたがらないことも進んでやり、継続してやり続けます。

会社の全員で同時に始めたインスタも定期的に更新が出来ているのはザキさんだけやし、最近はブログやYouTubeの企画なんかも考えています。

この人をメンターにすれば、コツコツ頑張ったり、これだけはやると決めたことの継続する力が身につくのではないかと思いました。

1ヵ月ザキさんをメンターにしてみて

22年間の人生でメンターがいなかったしゅんすけですが、初めて意識してこの人をメンターとして自分がレベルアップするために何をするべきなのかを考えてみました。

まずは、掃除。

特にトイレ掃除。

トイレ掃除

トイレ掃除は金運や人間関係の運があがるそうです。

人が進んできれいにしないところを掃除することで様々な執着が消えて自分の内面からきれいになるそうです。

僕の会社ではトイレ掃除争奪戦が毎朝繰り広げられるんですが、もう誰にもトイレ掃除は譲らない。

次は朝活。

ある日、ザキさんから朝30分でも10分でも早く会社に来て勉強や読書を一緒にしようと言われました。

今までの僕は、ぎりぎりまで寝て仕事はぎりぎりに行っていました。

それを、いつもより少しだけでもいいので少し早く来て何かしてみること。

それが、僕に課せられたミッションでした。

なぜ、夜30分勉強するのではなく朝勉強するのか。

それの答えは教えてくれませんでしたが、自分で”朝 勉強”とググってみると答えが書いてありました。

朝勉強するのは脳みそが空っぽやから効率がよく、僕にありがちな”勉強したつもり”になりにくい。

このことから、朝勉強することや読書することはお勧めです。

最初は10分でもいいのでやってみることをお勧めします。

あとは、どんな仕事や問題点があった時でも、ザキさんならどうするだろう。

ザキさんならなんて言うだろうと考えてみることにした。

こうすることで、少しでもメンターに近づけるのではないかと思います。

僕の掲げている人生のテーマに

100のことを50の労力でする工夫より、100のことしかできないのを500でする努力をするということがあります。

これからは、ザキさんのようにコツコツ頑張れる、どんなことでも頑張るという超基礎をだれにも負けないように努力しようと思います。

ザキさんに飽きたらメンターを変えようかな


もしかしたらいつか僕がザキさんのように努力と継続の天才になれたら、ザキさんはメンターとして用済みですね。笑

そんな時はもっとレベルアップするために思い切ってメンターを変えちゃいましょう!

メンターは自分の成長のステージによって変わります。

例えば、僕が営業を始めたら営業のレベルアップやスキルアップ、営業のノウハウを学ばなければいけません。

そうなると、トラスの営業トップであり、このブログのライバルである社長をメンターにして師弟関係を築いていきたいと思います。

そしていつかは社長も用済みになる時が来るかもしれません。

用済みとか言ったら気円斬くらわされるかもしれんけどwww

社長 気円斬

その時が来たらまたメンターを更新しましょう。

メンターをアップグレートしていくことで人間はレベルアップしていき、成長し続けることが出来ます。

その新しいメンターというのはいつ出てくるかわかりません。

いつなんどき憧れる人が現れるかわかりません。

現れたときは成長するチャンスなのでその人をメンターにできるように話をしてみたり、知り合いになれるよう頑張りましょう!

まとめ


20代でしておきたい17のことには全ての答えが書いてありますねえ。

今回もこの本に助けられました。

さて、今回のブログで書いた大切なことをまとめますと

まとめ

かつて自分と同じ問題点を抱えていた人をメンターにすると同じ間違いをせずに成長できる。

メンターはなりたい自分に近い人にしよう。

メンターはアップグレートしていこう。

簡単にまとめるとこんな感じですね。

是非、メンターを探して成長していきましょう!

おわり!